淋病の治療は何科で受けられる?

淋病の症状に気づいたら、できるだけはやく病院に行きましょう。
淋病の治療は何科で受けるのかご存知ない方も少なくありませんが、実は症状が出ている部位のエキスパートに診て貰うのが一番です。

例えば排尿する時に痛みが発生する場合は、泌尿科がベストです。
女性の淋病でおりものに異常が出ている時は産婦人科に行きましょう。
基本的に女性は産婦人科を受診しておけば間違いありません。
性感染症の検査や治療で病院に行くのは恥ずかしく感じるかも知れませんが、淋病は早期発見早期治療が大事な病気です。

感染する病気なので、家族や恋人に感染させないためにもなるべくはやく受診し、正確な病名を突き止めなくてはなりません。
産婦人科は男性の患者さんがいません。
医師も女性の確率が高いので、待合室でも男性にじろじろ見られるようなこともないでしょう。

最近は女性専門の性病科もありますが、思春期外来でも淋病の検査や治療を受けつけてくれます。
まだ全国的に広がっている外来ではありませんが、若い女性でもリラックスして診て貰える環境が整っているので、近所にそういった病院がないか調べてみて下さい。

男性患者さんの場合、明らかな症状が出ている時は性病科に予約を入れた方が良いでしょう。
パートナーから感染し、お互いに発症するケースもよくあるので、治療は基本的に一緒に受ける必要があります。
二人で受診する場合は泌尿器科や産婦人よりも性病科の方が受診しやすいはずです。

性感染症の治療を受ける時は再発や再感染のトラブルを回避するためにも、性感染症を専門的に診ている医療機関を選ぶことが重要です。
性病や性感染症を熟知し、十分な実績がある病院では耐性菌や咽喉の感染など諸々の可能性を考慮して対応してくれます。

いずれにしても放置は禁物で、淋病を治療せずに放っておくと男性は淋菌性精巣上体炎、女性は骨盤内炎症性疾患に進行する可能性があります。
違う病気の併発率も高い疾患なので気をつけましょう。

淋病に罹患しているかどうかの検査方法はどんなもの?

淋病の検査はとても簡単です。
病院を受診して行うのは、淋菌が存在しているかどうか確かめるための検査です。
尿検査の他、膣から子宮頚管と咽喉の分泌物をうがい棒や綿棒で採取し、顕微鏡検査やDNA検査で病原菌の有無を調べて貰います。

陽性結果が出た場合、ただちに治療をスタートします。
治療内容は症状や重症レベルによっても異なりますが、基本的には1週間ほど抗生剤を投与します。
クリニックによっては点滴や静脈注射を1回打つだけで治療が終了することもありますが、重要なのは3週間から4週間以上経過したあとに再検査を受けることです。

治療で本当に治癒したのか、確認することが大事なので再検査もさぼらないようにしましょう。
2回目に検査を受ける時も初診時と同じように尿検査と膣分泌物、咽喉粘膜の分泌物を採取し、顕微鏡などで詳しく菌の有無を調べます。
再検査を受けても淋菌が見つからなければ、そこで初めて完治と言えます。

淋病の症状が出ているものの、どうしても病院に行く勇気が出ない時は自宅で受けることができる性病検査キットを利用しましょう。
淋病の他、クラミジアやカンジダ、トリコモナスなど他の病気も一緒に調べられるキットも人気があります。

保険は適用されないので病院に通うよりも費用は高くつきますが、通院する時間がないほど忙しい方にも頼りになる存在です。
もちろん検査キットで陽性が出たら受診して治療を受けなくてはなりませんが、気になる症状がある時に気軽に調べることができるのは最大の魅力です。
検査方法やうがい液検査や尿検査、おりもの検査など色々ありますが、スムーズに手続きできるよう工夫されているのでキットを使うのが初めてでも安心です。